目次

矯正歯科の違いとは?歯列矯正をするなら一般歯科ではなく矯正歯科がおすすめ!

「矯正治療は一般歯科と矯正歯科のどちらで受けるべき?」「一般歯科を選んでも問題はないの?」などの疑問を抱いていませんか。歯科医院選びで困っている方は多いでしょう。結論から述べると、一般歯科でも矯正治療を受けることはできますが、矯正歯科のほうが適していると考えられます。矯正医が常勤しているなどのメリットがあるからです。ここでは、一般歯科と矯正歯科の違いを解説するとともに矯正歯科の強みを紹介しています。歯科医院選びでお困りの方は参考にしてください。

 

 

一般歯科と矯正歯科の違いとは?

歯科医院には、一般歯科と矯正歯科を掲げているところがあります。両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

一般歯科の特徴

一般歯科は、虫歯、親知らず、入れ歯など、身近なお口のトラブルを治療の対象とする診療科です。自院で対応できない症例は、専門性の高い歯科医院を紹介しています。紹介先の一例としてあげられるのが矯正歯科医院です。

矯正歯科医院を紹介する理由は、大学で歯科矯正学の総論しか学んでいないからといえるでしょう。基礎的な知識しか有していないため、専門性の高い歯科医院を紹介するのです。以上を基本としますが、矯正治療を行っている一般歯科もあります。この場合、一般歯科を対象とするセミナーを受けて治療を行っているケースが少なくありません。あるいは、矯正医が月に1・2回程度、外勤していることもあります。

一般歯科で矯正治療を受けるメリットは虫歯も受けられることです。一方で、矯正治療に関する十分な知識・技術・経験を有していない恐れがあります。外勤の矯正医は専門家といえますが、十分な経験を積んでいる保証はありません。また、一般歯科であるため、設備が整っていないことも考えられます。以上を踏まえると、矯正治療にはあまり適していないといえるかもしれません。

関連記事:矯正歯科とは?一般歯科との違いと代表的な3つの治療方法について

矯正歯科の特徴

矯正治療を専門に行っている診療科です。矯正治療に関連する軽度な虫歯などは治療できますが、あくまでも治療の中心は歯並びを改善することです。矯正歯科では、毎日、専門的な治療が行われています。したがって、一般歯科とは症例数(経験)が異なります。また、矯正歯科を掲げる歯科医師の多くは、大学卒業後、医局に残って一定期間の臨床経験を積んでいます。専門的な教育を受けている理由は、矯正治療に高度な知識・技術を要求されるからです。

矯正歯科のメリットは、お口の状態に合わせた高度な治療を受けられることといえるでしょう。設備が充実しているため、的確な診断を下しやすい点なども強みです。一方で、虫歯の治療や抜歯は基本的に行えません。デメリットはあるものの、質の高い治療を受けられる点は魅力です。

矯正歯科で矯正治療を受けるメリット

ここからは、矯正歯科に期待できる主なメリットを紹介します。

矯正の専門医が在籍している

矯正歯科には、専門的な知識・技術を身に着けた歯科医師が常勤しています。さらに、毎日の診療などで経験を積んでいます。したがって、質の高い矯正治療を期待できるでしょう。また、常勤しているため、トラブルにも素早く対処できます。例えば、装具に不具合が起きた日に相談するなども可能です。矯正医が外勤している一般歯科の場合、次に勤務するタイミングを待たなければならないこともあります。安定した環境で治療を受けられる点は魅力です。

関連記事:矯正歯科における認定医の概要と在籍している歯科医院が選ぶメリット

治療プランが豊富

一般歯科と比べて、治療プランの選択肢は多い傾向があります。矯正医が常勤しているうえ、設備も整っていて矯正を専門とする衛生士も在籍しているからです。環境が整っているため、治療プランの選択肢が多くなります。例えば、一般歯科では難しいといわれたマウスピース矯正や非抜歯矯正を受けられることもあるでしょう。また、同様の理由で難易度の高い症例にも対応しやすくなります。患者様に合わせた治療を行いやすい点は強みです。

関連記事:歯列矯正にはどんな種類がある?自分にあった矯正を選ぶポイント

治療期間が短い

一般歯科と比べて治療期間は短くなりやすい傾向があります。矯正医が常勤しているため、適切なタイミングで治療を受けられるからです。一般歯科のように、外勤している矯正医のスケジュールに合わせて治療を行う必要は基本的にありません。また、1人あたりの診察時間も長くなる傾向があります。診療日が多いため、ゆとりをもって診察を行えるからです。診察日が限られている場合、1日の間に多くの患者様を診なければなりません。1人あたりの診察時間は短くなってしまうでしょう。この点も、治療期間が短くなりやすい理由としてあげられます。

スケジュールを組みやすい

自分のペースで診察を受けられる点も魅力です。診療日が多いため、予約状況に空きがあれば都合のよい日に治療を受けられます。一般歯科の場合、矯正医の都合に合わせなければなりません。大したメリットではないと思うかもしれませんが、平均的な治療期間が2~4年といわれる矯正治療では大きなメリットになりえます。思い通りにスケジュールを組めないと、適切なタイミングで治療を受けられない、タイミングが合わずに足が遠のいてしまうなどのトラブルが起こりやすくなるからです。計画通りに治療を受けやすいといえるでしょう。

治療費を抑えられる

具体的な金額はケースで異なりますが、同じ治療内容であれば一般歯科よりも治療費を抑えやすい傾向があります。矯正歯科を専門としているため、スケールメリットを受けられるからです。また、支払方法の選択肢も多いといえるでしょう。矯正歯科の多くは、分割払い・クレジットカード払い・デンタルローンに対応しています。経済的な負担感も抑えやすいと考えられます。

関連記事:歯列矯正にかかる費用はどのくらい?各種矯正の相場について紹介

矯正治療は矯正歯科で受けましょう

この記事では、矯正歯科と一般歯科の違いを解説しました。一般歯科は身近なお口のトラブルに対応している診療科、矯正歯科は歯並びの改善を専門としている診療科です。矯正歯科は、一般歯科よりも専門的な治療を受けやすい傾向があります。治療期間が短くなりやすい点や治療費を抑えやすい点も見逃せません。通常の虫歯治療を受けられないなどのデメリットはありますが、矯正治療には適しているといえるでしょう。歯科医院は目的に合わせて選ぶことが重要です。

渋谷の矯正歯科「渋谷ルーブル歯科・矯正歯科」では目立ちにくく、結果の出る矯正歯科治療を得意としております。 知識・技術ともに豊富な矯正歯科専門の歯科医師が治療を担当しますので、きっと満足のいく治療を受けていただけるはずです。

ご予約・ご相談はこちら

 

この記事を監修した人

監修者の写真

医療法人社団ルーブル 理事長

水谷 倫康

愛知学院大学歯学部卒業後、愛知県を中心に多くのクリニックを持つ医療法人清翔会グループに入職。2019年12月に『渋谷ルーブル歯科・矯正歯科』を開院。2022年12月にはグループ医院である『新宿ルーブル歯科・矯正歯科』を開院。
「気軽に相談できる歯のコンシェルジュ」をモットーとし患者との「コミュニケーション」を重要と考え、1人1人に合わせた「最善の治療」提案している。

【略歴】

関連記事