Blog 新着情報・矯正治療ブログの詳細ページになります

渋谷区の「渋谷ルーブル歯科・矯正歯科」では、医院のお休みや診療についてのお知らせ、医院でのできごとのほか、お口の健康づくりに役立つ情報などを、日々こちらで発信しています。お時間のあるときにチェックしていただければ幸いです。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

こんにちは

本日はマウスピース型矯正装置(インビザライン)について簡単にわかりやすくまとめてみました。

まずインビザラインとは商品名でアラインテクノロジーという会社の製品になります。アラインテクノロジーはアメリカに本社があり歯科矯正装置の販売に従事しており、当時ワイヤー矯正が主流だった時代にマウスピース矯正の走りを担いました。

現在インビザラインで歯列矯正をされた方は全世界で600万人を超え、2019年に入ってからは成人だけでなく歯の交換が多い6歳のお子さんにもマウスピース矯正が対応致しました。

※2020年1月現在 症例数は世界各国含め700万人以上になりました。

 

マウスピース矯正の呼び名

・マウスピース矯正(一般の方がわかりやすいように)

・マウスピース型矯正装置(日本矯正歯学会が定めた表記法)

・インビザライン(商品名)

・アライナー矯正(矯正医の間で用いることが多い)

これらはすべて同義語になります。またどれもマウスピース矯正のことを指します。

 

マウスピース矯正の種類

・インビザライン(No1シェア)

・アソアライナー(安心安全の日本製)

・キレイライン(最近出てきた安いタイプのもの)

・エンジェルライン(中国製?)

・アクアシステム (インビザ程、綺麗に仕上げることは不可)

などたくさんあります。しかし今現在マウスピース矯正というとほとんどはインビザラインのことを指します。

 

 

〇インビザラインが他のマウスピース矯正に比べ圧倒的人気の秘密

それは治療の精密さ正確さ適応範囲の広さです。マウスピースはこれまで前歯の少量のがたつきのみにしか対応できないことが多くとても歯を全部動かすことなんて不可能でした。

ところがインビザラインが出てからは歯に直接アタッチメントをつけることで奥歯や複雑な歯の動きにも対応できるようになりました。これにより適応範囲が広がり世の中のマウスピース矯正ブームが巻き起こりました。

また現在「この歯にアタッチメントをつける」というのはアライン社の特許であり他のマウスピースの会社はマネすることができません。

つまり、いくらマウスピースの技術が発展したとは言え、歯にアタッチメントがつけれなければ歯を正確に動かすことが難しく、簡単な前歯のがたつきをとる程度であれば他のマウスピースでも可能だが全体矯正やかみ合わせを作るのであればインビザライン一択になります。

 

まとめ

マウスピース矯正は近年爆発的に人気が出ており、ワイヤー矯正と比較して治療クオリティーも大差ありません。しかし、マウスピース矯正でしっかり歯並びが整うのは現段階ではインビザラインのみになりますので治療クオリティーを求められるのであればインビザラインを選択すると良いでしょう。

#渋谷#渋谷矯正#矯正渋谷#矯正歯科#矯正#歯列矯正#成人矯正#矯正 安い#インビザライン 安い#モニター矯正#マウスピース矯正#アライナー矯正#インビザライン の治療は渋谷ルーブル歯科・矯正歯科へ

東京都渋谷区神南1丁目20-1 BC神南PROPERTY 6F

Tel 03-6455-2383 渋谷ルーブル歯科・矯正歯科

 

ロ元でお悩みの方はまずご相談ください 無料力ウンセリング受付中 WEBからの24時間ご予約はこちらロ元でお悩みの方はまずご相談ください 無料力ウンセリング受付中 WEBからの24時間ご予約はこちら