Blog {=mb_strimwidth($current_category_name, 0, 30, '…', 'UTF-8')=}新着情報・矯正治療ブログの詳細ページになります

渋谷区の「渋谷ルーブル歯科・矯正歯科」では、医院のお休みや診療についてのお知らせ、医院でのできごとのほか、お口の健康づくりに役立つ情報などを、日々こちらで発信しています。お時間のあるときにチェックしていただければ幸いです。

裏側矯正 カスタムリンガル矯正とアナログ舌側矯正の違い

こんにちは

渋谷ルーブル歯科・矯正歯科です。

本日は裏側矯正について皆さんにわかりやすいように説明していこうと思います。

だいたい、皆さんの裏側矯正のイメージを聞くと「痛そう。しゃべりにくそう。高そう。目立たない。」などのイメージだと思います。今回はこの辺の内容をふまえてお話していきます。

●裏側矯正について

さて裏側矯正を語る前に裏側矯正の呼び方についてお話していきます。

裏側矯正とは一般の人が分かりやすいように呼ばれているだけで矯正医の間では舌側矯正やリンガル矯正またはハーフリンガル矯正フルリンガル矯正などと呼ばれています。

歯科用語で歯の裏側は舌に近い側なので「舌側」と言いますがこれを英語に直すと「リンガル」になります。

日本は裏側矯正の技術はまだまだ世界に及ばないので勉強会も海外のセミナーで学ぶことが多いためリンガルの呼び名が主流になります。

そしてフルリンガルとは文字通り上あご下あごを裏側で矯正することをさし、ハーフリンガルとは上あごだけ裏側で矯正し、下あごは表側で矯正を進めていくやり方になります。

●カスタムリンガル矯正とアナログ裏側矯正

そして実は裏側の装置も2種類に分かれます。

・表側の矯正装置と同様に歯の裏側に日本人の平均値に合わせたブラケット(矯正装置)を装着し矯正医が熟練の技でワイヤーをそれに合わせて曲げて裏側矯正を進めていくアナログな裏側矯正。

・最初の段階で歯の型をとり、それをコンピューターに取り込み最新のコンピューター技術とAI技術を織り交ぜて3Dでブラケットとワイヤーをオーダーメイドで制作していくカスタムリンガル矯正があります。

どちらの裏側矯正の手法が多いかというと現在はアナログな裏側矯正よりフルデジタルを用いたカスタムリンガル矯正の方が主流です。

●裏側矯正ブラケット

なぜならば人の歯の裏側の形はバラバラで一概に平均値を用いたとしても個体差が大きいのでオーダーメイドで製作するカスタムリンガルの適合性に及ばないのと、矯正装置のブラケットもアナログな裏側矯正に比べオーダーメイドで製作する裏側のブラケットでは遥かに厚みが違います。それぐらいオーダーメイドで製作する裏側矯正のブラケットは舌触りはなめらかで舌感を阻害しない非常に薄いブラケットです。

裏側矯正をやっていくにあたりブラケットが薄いことは矯正期間の違和感を大きく軽減することに役立っており、特に裏側には舌がありますので口内炎のリスクやしゃべりやすいなど滑舌に関してはカスタムリンガル矯正に大きく軍配が上がります。

●裏側矯正ワイヤー

そして裏側矯正が難しいと言われる由縁が裏側矯正に使用するワイヤーにあります。裏側矯正ではもちろん器具の操作性が難しいこともありますがなんといってもワイヤーの曲げが究極に難しいです。裏側矯正はその装置の特徴から表側矯正に比べ歯と歯の間の距離が極めて狭いためワイヤーも表側に比べて短くなります。そうなると曲げの一つでも正確さや緻密さが要求され裏側で矯正しようと思うと熟練の技が必要になります。そこでそのワイヤーを曲げる難易度を減らしてくれるのがカスタムリンガル矯正です。これはブラケットだけでなくワイヤーもはじめからAIが計算して曲げを入れたワイヤーを送ってきますのでまさにオーダーメイドワイヤーと呼ぶべきでしょう。

●裏側矯正の治療費用

さてここまで裏側矯正のアナログVSカスタムをお話してきました。矯正装置のブラケット、ワイヤーどちらもカスタムに軍配が上がりましたが唯一カスタムがアナログに勝てない部分が何かというと治療費用です。どうしても海外で製作しているのとフルオーダーメイドでワイヤーとブラケットを製作するので装置の単価は圧倒的にカスタムリンガル矯正の方が高くなってしまいます。

現在、裏側矯正の治療費用は120万~200万円ぐらいが相場でしょう。

実は裏側矯正は矯正装置の中で一番治療費用の振れ幅が広いです。なぜなら裏側矯正は表側矯正と違い、学校の教科書にも載っておらず参考書も少ないためしっかり勉強しようと思ったら海外のセミナーや論文を読んで研鑽を積んでいくしかありません。そしてやはり表側の矯正治療に比べ遥かに技術が必要になるため裏側矯正がきちんとできる矯正医は一握りでしょう。そのため価格競争が起こりずらく矯正の治療費用にも大きな振れ幅が出てきてでしまうのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?裏側矯正には大きくわけて2種類あり、アナログの裏側矯正カスタムリンガル矯正があります。機能面ではすべてにカスタムリンガル矯正に軍配が上がるためもし裏側矯正を始めるならカスタムリンガル矯正がお勧めです。

しかし多くの矯正歯科ではこの違いを教えてくれずどちらも一括りにされ裏側矯正として位置されています。矯正治療はどこで受けても同じではありません、快適性やモチベーションの継続のためには矯正費用も装置も賢く選択する必要があります。

ちなみに当院の裏側矯正装置はどれになるかというともちろん患者さんの利便性を重視してカスタムリンガル矯正を採用しております。治療費用は98万で上あご下あご両方とも裏側で矯正装置が装着されます。全国平均よりも圧倒的にリーズナブルなので裏側矯正でお悩みの患者様は渋谷ルーブル歯科・矯正歯科へ

 

ロ元でお悩みの方はまずご相談ください 無料力ウンセリング受付中 WEBからの24時間ご予約はこちらロ元でお悩みの方はまずご相談ください 無料力ウンセリング受付中 WEBからの24時間ご予約はこちら